• オフショア開発をご存知ですか?
  • 日本のIT 業界は、深刻な人材不足と高騰する人件費問題に直面しているのが現状です。一方でシステム開発のニーズはこれからも増え続けており、IT 人材の採用や、自社のリソースでのシステム開発において海外のエンジニアを活用して開発を行う「オフショア開発」が注目されています。

    オフショアとは岸(shore)から離れている(off)という意味の「海外」を指す言葉。日本では人件費の安さからアジア諸国が発注先として選ばれることが一般的です。

オフショア開発

グループ会社としてキャンバス.アジアの技術力を支える株式会社キャンバスは2012年創業、システム設計・開発、スマホアプリの企画・開発、業務基幹システム、AI活用など、最新のプログラミング技術を駆使してスピードとクオリティを両立した技術開発を行っています。

また、WEB制作・UI/UX設計・デザイン・テクノロジー人材育成なども主要な事業として展開しています。

キャンバス.アジアでは、オフショア開発の利点を活かしたコストメリットと、優秀なIT人材を確保・育成し、常に最新技術の研究開発に取り組むことによりサービスに新しい価値を提供致します。

キャンバス.アジアのオフショア開発

低価格・高品質・安心
  • なぜ、価格がおさえられるのか

    なぜ、価格がおさえられるのか

    キャンバス.アジアでは、ベトナム屈指の理系大学を卒業した優秀で経験の豊富なエンジニアと日本の事を理解しているブリッジSEを活用することにより、オフショア開発サービスを提供しております。

    ベトナムの優秀で豊富な人材を活用することで、日本企業に劣らない高品質な成果物を、大幅なコストダウンで実現します。

  • 品質は日本クオリティ

    従業員の多くがベトナム有名大学でITを専攻して学んだ卒業生で、一流のエンジニアです。最先端の技術力はもちろん、高いコミュニケーション能力も兼ね備えており、お客様のご要望を丁寧に汲み取ります。

    経験豊富なブリッジSEが日本の開発手法を理解し、品質管理や進捗管理も日本と同等以上のクオリティで対応致します。

    品質は日本クオリティ
  • 日本人スタッフが対応

    日本人スタッフが対応

    キャンバス.アジアではプロジェクトを現地スタッフに任せきりにせず、現地に常駐する日本人スタッフが直接指示をして進捗や品質チェックを行います。現地とのコミュニケーションは全て日本語でOK。

    また、技術的な内容にも対応可能な現地の通訳スタッフもいるため、現地エンジニアとの伝達ミスがないよう努めています。

  • アジア各国へ

    事業の一部を海外へアウトソーシングする動きは今後もますます広がることが予想されます。

    日本では、国内に比べ、アジア諸国など安価な海外へのアウトソーシングが進み、経営戦略に欠かせない手法となっています。オフショア開発といえば優秀な技術者が多く歴史のあるインドや中国、また国策としてIT教育が進み親日家の多いベトナムなどが実績上位国です。

    IT業界の経済成長はめざましく、諸外国の人件費上昇も顕著です。そのため、「より人件費が安く成長に期待を置ける地域の開拓」が不可欠。キャンバス.アジアは、今後の人材確保、技術力向上に向けて、オフショア開発拠点としてアジア各国を候補として拡げてまいります。

    アジア各国へ

事業内容

会社概要

会社名
Canvas.Asia co.,ltd.
オフィス

【ベトナムオフィス】
Unit 1114, 11 Floor, Dreamplex Building,
195 Dien Bien Phu, 15 Ward,
Binh Thanh District, Ho Chi Minh City, VIETNAM
→  Google map
TEL/02871-099-911

【東京オフィス】
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-24 M&M BLD 8F
→  Google map
TEL/03-5962-7252 
FAX/03-5962-7252

代表者
山本 博士
グループ
会社
株式会社キャンバス 
/ Canvas co.,ltd.
→  Website

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

(月~金 9:00 ~ 18:00)

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ・ご相談は下記のフォームにご記入ください。
内容を確認後、メールにてお返事させて頂きます。
なお、メールの確認作業に時間を要する場合がございますので、お急ぎのお客様はお電話にてお問い合わせください。
※は必須項目です。
お名前
会社名
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ種別
お問い合わせ内容

プライバシーポリシー

健全な事業活動を通じて、お客様及び当社にお問合せ頂いた人により良い製品やサービス、情報を提供すること、「お客様にとって最も信頼されるパートナー」であり続けることは、株式会社キャンバス.アジアにとって最大の目標であり使命と考えています。
株式会社キャンバス.アジアでは、お客様及び当社にお問合せ頂いた全ての人の個人情報は、お客様及び当社にお問合せ頂いた人が、自らの意思により特定の目的での利用のために当社に預託したものであり、その個人情報を安全に保管し、お客様の意思を尊重して利用することが、当社に課せられた最大の課題であると認識しております
株式会社キャンバス.アジアでは、以下に掲げた事項を念頭に置き、当社が保有する全ての個人情報保護に万全を尽くすことをお誓い致します。
【1.個人情報の定義】
 当社は、個人情報とは、個人情報の保護に関する法律に規定される生存する個人に関する情報(氏名、生年月日、その他の特定の個人を識別することができる情報)、ならびに特定の個人と結びついて使用されるメールアドレス、ユーザーID、パスワード、クレジットカードなどの情報、および個人情報と一体となった趣味、家族構成、年齢その他の個人に関する属性情報であると認識しています。
【2.個人情報利用の制限】
 当社が取得したお客様及び当社にお問合せ頂いた人の個人情報は、次の目的のために利用いたします。また、お客様及び当社にお問合せ頂いた人が指定した他の人の宛先情報については、ご本人からの個別の同意がない限り(1)、(2)および(3)の目的に限って利用いたします。
(1)当社で取り扱っている商品・サービスなどに関する営業上のご案内を行うこと。
(2)サービスの企画・開発あるいはお客様満足度向上策などの検討のため、お客様にアンケート調査を実施すること。
(3)お客様及び当社にお問合せ頂いた人への対応、迅速なサービスなどの実施のために必要な業務遂行。
(4)当社の採用情報に対する問合せ、応募に関する社内での検討付随業務 。
【3.個人情報利用の制限】
(1)法令に基づく場合。
(2)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき。
(3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき。
(4)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
【4.個人情報の適正な取得】
 当社は、常に適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得することはありません 。
また、15歳未満の子供から親権者の同意なく個人に関する情報を収集することはありません。
【5.個人情報の取得に際する利用目的の通知】
 当社は、個人情報を取得するにあたり、あらかじめその利用目的を公表します。ただし、次の場合はこの限りではありません。
 ①利用目的をご本人に通知し、または公表することによりご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害する恐れがある場合
 ②利用目的をご本人に通知し、または公表することにより株式会社キャンバス.アジアの権利または正当な利益を害する恐れがある場合
 ③国の機関もしくは地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的をご本人に通知し、または公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
 ④取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合
【6.個人情報利用目的の変更】
 当社は、個人情報の利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えては行わず、変更された利用目的について、ご本人に通知し、または公表いたします。
【7.個人情報の安全管理・従業員の監督】
 当社は、個人情報の漏えい、滅失、き損の防止、その他の個人情報の安全管理が図られるよう情報セキュリティ基本規程を掲げ、情報セキュリティ委員会を設置し、従業員に対する必要かつ適切な監督を行います。また、当社は、従業者に個人情報を取り扱わせるにあたっては、個人情報の安全管理が図られるよう、従業員に対する必要かつ適切な監督を行います。
【8.委託先の監督】
 当社は、個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合は、委託先と機密保持を含む契約の締結、または、当社が定める規程に合意を求め、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。
【9.第三者提供の制限】
(1)当社は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。
 ①法令に基づく場合
 ②人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
 ③公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
 ④国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
 ⑤予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合
  ア.利用目的に第三者への提供を含むこと
  イ.第三者に提供されるデータの項目
  ウ.第三者への提供の手段または方法
  エ.ご本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
(2)次に掲げる場合は上記に定める第三者には該当しません。
 ①当社が利用目的の範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
 ②合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
 ③ 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨ならびに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめご本人に通知し、またはご本人が容易に知り得る状態に置いているとき
(3)当社は、個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合、利用目的または管理責任者の氏名または名称が変更される場合は、変更する内容について、あらかじめご本人に通知し、またはご本人が容易に知り得る状態に置きます。
【10.個人情報に関する事項の公表等】
 当社は、個人情報に関する次に掲げる事項について、ご本人の知り得る状態に置き、ご本人の求めに応じて遅滞なく回答します。
 ①個人情報の利用目的(ただし、個人情報の保護に関する法律において、その義務がないと規定されるものは除きます。回答しない決定をした場合は、ご本人に対して遅滞なくその旨を通知します。)
 ②個人情報に関するお問い合わせ窓口
【11.個人情報の開示】
 当社は、ご本人から、個人情報の開示を求められたときは、ご本人に対し、遅滞なく開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。
 ①ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
 ②当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
 ③他の法令に違反することとなる場合
なお、アクセスログなどの個人情報以外の情報については、原則として開示いたしません。
【12.個人情報の訂正等】
 当社は、ご本人から、個人情報が真実でないという理由によって、内容の訂正、追加または削除(以下「訂正等」といいます)を求められた場合には、他の法令の規定により特別の手続きが定められている場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正等を行い、その旨ご本人に通知します。
【13.個人情報の利用停止等】
 当社は、ご本人から、ご本人の個人情報が、あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または偽りその他不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下「利用停止等」といいます)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨ご本人に通知します。ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、ご本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます
【14.理由の説明】
 当社は、ご本人からの要求にもかかわらず、①利用目的を通知しない、②個人情報の全部または一部を開示しない、③個人情報の利用停止等を行わない、④個人情報の第三者提供を停止しない、のいずれかを決定する場合、その旨ご本人に通知する際に理由を説明いたします。
【15.お問い合わせ】
 当社のプライバシーポリシーに関するお問い合わせは、下記担当までお願い致します。

〒930-0035
富山県富山市根塚町1-1-4 ASNビル2F
株式会社キャンバス
電話番号:076-461-6615 FAX番号:076-461-6615
(電話の受付時間:午前9時から午後6時まで/土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)